ゲームに意味はないのか?無理やり見出したい

こんばんはー、缶ヶ江メグルです。GWも最終日ですね。僕は朝からのんびりしてまして、TBSのニュース番組サンデーモーニングを見てました。Youtube探したら、今日の番組を“サイル半島緊迫NEW”という方が投稿してくれていました↓

 


サンデーモーニング 2017年5月7日【LIVE】

 

そんでスポーツのコーナーでバドミントンの映像が流れてて(上の動画で46:50~48:38の間)、リオオリンピック金メダリストのタカマツペアが4/30(日)、2017年アジアバドミントン選手権大会@中国 武漢(ウーハン)市の決勝戦で韓国チームに勝ち、優勝したと報じてました。

 

f:id:kotoba2kai:20170507221430p:plain

“サイル半島緊迫NEW”さんの動画 サンデーモーニング 2017年5月7日【LIVE】 よりスクリーンショット

 

ここらで目次を。

 

 

前置き

 

 

僕は試合の様子を見ていて、コートの形がテニスと似てるな、と思った。シングルスだとサイドラインは内側の線までになるんだよな。あれっなんで知ってんのかなそんなことを……

 

 

そうか、マリオテニス64

 

 

 


おぷりん(Mario)vsおにわばん(Donkey) マリオテニス64 (opurin408さんのチャンネルより)

 

動画見てると懐かしいな。マリオとかドンキーコングがカクカクしてる。 

 

このゲームは1996年に出た、Nintendo64という家庭用ゲーム機(スーファミの次のやつ)のソフト。 

 

NINTENDO64 本体

Amazonより

 

今の10代は知らないかなぁ。まあとにかくこのマリオテニス64は兄弟や友達とよく遊んだ。

 

そのおかげか、テニスのルールは何となく覚えた。

 

スポーツ系のゲームやるとルール覚える

 

 

実際にバドミントンとかテニスとかをやっていなくても、ゲームは楽しめるようにできている。マリオテニス64ではトップスピンとかスライスとかスマッシュを打つと、ボールに色が付いて、僕はそれだけで楽しかったりした。

 

f:id:kotoba2kai:20170507223321p:plain

opurin408さんの動画 おぷりん(Mario)vsおにわばん(Donkey) マリオテニス64 よりスクリーンショットドンキーコングがトップスピンを打って、ボールに黄色いオーラが付いてます

 

色が付いた方が強そうな気がして(そんなことはない)、打つ時はトップスピンかスライス、チャンスが来たらスマッシュ、そんな単細胞でゲームしてた。

 

ゴルフも

 

 

マリオテニス64の次に思い出したのが、マリオゴルフGB。これはゲームボーイカラーのソフト。

 

マリオゴルフGB

Amazonより

 

えらい昔な気がする。最新のから遡っていくと、3DS、DS、ゲームボーイアドバンスゲームボーイカラー。古いなあ。

 

ゲームボーイ カラー (レッド)【メーカー生産終了】

Amazonより

 

こっちはテニスよりもやりこんだ覚えがある。だから一通りルールは覚えたよね。ボギー、パー、バーディ、イーグル、アルバトロス、ホールインワンとか。Par4なら4打でカップインしなきゃいけないとかね。

 

ここではあまり深く書くつもりはないので、スポーツゲームしたらルールを覚えるといういいことがある、そしてそのスポーツに興味を持つようになる、このくらいにしときます。実際にそのスポーツ始めるまではいかなかったな僕は、残念。

 

ゲームするのは意味ないか

 

 

さてこっからです。僕は小学生のころからテレビゲームに親しんでいる。大学生になってあまりしなくなり、社会人になってポケモンに限りまたやるようになった。

 

楽しいよね。問題は生産性がないことで、つまりゲームしててもお金はもらえない。悪く言うと膨大な時間の浪費というか。親とか学校の先生はゲームにいいイメージ無い。若いころはハマってやってたけどね、って言ってくれればまだいいよね。

 

もう、僕は高校の英語の先生が授業中にポロッと言ったゲーム批判が忘れられない。実際に何と言ったかは忘れたんだけども、ゲームばっかりしてたらダメ人間になりますよー的な。

 

 

カッチーン(-_-メ)

 

 

腹立つー。そこで僕は決めた。ゲームにもやる意味がきっとある。僕が見つける、と。そしてそれはズバリ次の見出しじゃないかと僕は思う。

 

凡人が好きなことに夢中になる感覚を体験できる

 

 

好きなことを仕事にしよう! 夢を見よう! よくCM等で耳にする標語やね。なんかうさんくさいよな。僕は標語を信じて、中学卒業したら調理師専門学校に行く! って言ったら親に「高校行きなさい」って一蹴されたよ。

 

意味わかんねえよ。

 

まぁ、過ぎたことに文句言ってもしょうがない。今一人暮らしで料理全くしなくなったから、そこまで興味無かったんだろう。じゃあ一体自分は何が好きなのか? それで好きなことを挙げてみると、

 

ゲーム、生き物と触れ合うこと、ものづくり、読書、文章書くこと、音楽、旅行……

 

1個じゃないんだよな。1個の人はラッキーだ。僕は思うんだが、好きなことの1段上にはもっと好きなこと、その1段上にはもっともっと好きなこと、というフロアがあるんじゃないか。そうやって1段上がるごとに好きなことを選別していって、1個になるまでやる、そういう作業がいるんじゃないか。

 

と、この作業を今からやってもいいんだけど、今回はゲームの意味について考える記事なので、話を戻そう。

 

夢中になる=徹夜する

 

 

好きなことを仕事にって言っても、それがどんな感覚かわからなかったら探しにくくない? と思って、夢中になるという状態がわかればと考えた。そしてそれは、徹夜をする状態じゃないかと思った。

 

なかなかできないでしょ、徹夜って。仕事がよっぽど多い時とかは仕方なくやるけど(僕は仕事でもできない気がするが)、それは仕方なく、でしょ。そうじゃなくて、夢中でやってたら朝なった、ていうやつ。これね、ゲームだと達成しやすいんよねきっと。

 

僕もポケモンを金曜の夜から土曜の朝までやったりするし、なんなんかね、ゲームの中毒性というか、人を徹夜させる魔力。ゲームを作る人ってすごいよ、ずーっと画面を見てても飽きないように、いやむしろ画面にのめりこんでしまうようにプログラムを作るんだから。

 

ゲームしない人にはマンガとかテレビとかでもいいと思う、とにかくこの夢中で朝までやってしまった感を一度体験したら、自分の好きなことを探しやすい気がする。

 

学校で習う勉強、スポーツ、芸術に夢中になれない凡人のためにゲームはある。ダメ人間とは言わせない。うわ真面目なシメになった。

 

おわりに

 

 

今回は、ゲームにも意味はあるよーと言いたくて書いてみました。好きなことに夢中になる感覚を体験して、自分は何だったら徹夜してもいいと思えるのか、そう考えるのは有意義だと思うなー。

 

ではまた!