「飯が食えるブログ」にするための初期設計(設定じゃないよ) をやってみた

f:id:kotoba2kai:20170528021226j:plain

 

どうも、缶ヶ江メグルです。タイトルの誤解をまず解いておこう。なんかのコードを埋め込めばそれで稼ぐブログができるとか、そういう話ではないです。「設定」じゃなくて「設計」の話です。

 

僕はブログを始めてもうすぐ1ケ月経つのですが、どうも迷走している感がある。特にしっかりとした知識や経験もない状態で始めたので、当たり前と言っちゃ当たり前なのですが。

 

それで、少しでも知識を増やしたくて、今、染谷昌利著『ブログ飯を読んでいまして。

  

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 Amazonより

 

僕は人の言うことはあまり聞かないけど、人の書くことは結構素直に聞く(? 読む?)。読んでいたら、これやってみよう! と感じる所があったんですよ。

 

 

この3点を最初に押さえておくだけで、数か月後、数年後の結果が大きく変わってきます。「飯が食えるブログ」を作ろうと思ったら、一番最初の設計はとても重要なのです。ぜひ、始める前に自分自身に問いかけをしながら、考えてみてください。(No.755~760あたり)

 

ほう、ブログの運営で生計を立てているあなたがそこまで言うのなら、いっちょやってみるか。では、「この3点」とは?

 

「なぜそのブログをあなたが始める必要があるのか」

「誰にあなたのメッセージを伝えたいのか」

「どのような表現手法であなたのメッセージをわかりやすく伝えるのか」(No.731あたり)

 

なるほど。ようし、上から順番にやっていくぜ。

 

 

 

なぜそのブログをあなたが始める必要があるのか

 

「なぜ自分なのか」ということを意識しておくだけで、不思議なことに文章の雰囲気が変わってきます。ですので、なにか一つで構いませんので自分らしさをそのブログの中に込めてください。(No.743あたり)

 

はい、わかりました!( ̄▽ ̄)ゞ なぜ僕はブログをやる必要があるんだろう。思いついたことを書いてみる。

 

お金を稼いで会社勤めをやめたいから

 

f:id:kotoba2kai:20170528023008j:plain

 

これがでかいよね。会社勤めはしんどいですよ。いやブログ運営も決して楽じゃないでしょうけど。ブログ運営やってみて、こりゃ会社勤めの方が楽でいいじゃん! てなったらブログやめりゃいい、それだけの話じゃ。まずはやってみようということで。

 

会社勤めの何がイヤって、強制的に会社に一緒にいる人と仕事することになるのがイヤ。仕事は一人でやりたいし。どうしても人の手を借りなきゃいけなくなった時は、自分で探すし、自分で選ぶし。

 

関わりたくないと思う先輩が近くにいるってことはなんとも居心地が悪い。

 

一人で日記を書いていても寂しいから

 

f:id:kotoba2kai:20170528023618j:plain

 

僕は高2の頃から日記を書いている。大学ノートにつらつらと書いていくスタイルで。誰にも見せないものだから、思ったことを自由に書ける。それはもう、自由に。だからそれなりに面白い。

 

でも欠点もある。寂しい。一人暮らしの部屋で、一人ビデオを見ながらアレするのと一緒(笑) 相手がいないと寂しいよ。その点では、ブログは人に見られるわけで、相手がいる。「見られたい」なんて、露出欲があるのか自分は、ハレンチだわ、もう(*'ω'*)

 

で、見てもらうからには、何でもかんでも自分の好きに書けなくなる。相手を傷つけないことと、相手に価値ある情報を与えたり、楽しまたりと、何か見てもらえる工夫もいる。そういうのはめんどくさいけど、誰かに見てもらえるなら寂しくなくなるし、やる価値ありそう。

 

自分と似た考えを持つ人をたくさん知って、安心したいから

 

f:id:kotoba2kai:20170528024838j:plain

 

周りに自分と違う考えの人しかいないと、「僕はおかしいんじゃないか」って不安になりません? だから似た考えをしてそうなタイトルの自己啓発書が読みたくなる。それを読んで、ああ、僕は一人じゃなかった(:_;) と安心する。

 

今までは本が僕の仲間、て感じなんだけど、これからは他のブロガーさんも仲間、て感じにしたい。しかし僕は警戒心が強いというか、人にアクション起こすの苦手なので、慣れるまでは少しずつやっていきます。

 

誰にあなたのメッセージを伝えたいのか

 

f:id:kotoba2kai:20170528025354j:plain

 

…私は多くのブログを見てきていますが、意外とこの「誰に伝えるか」という点を意識して書いているブログは少ないです。…(No.747あたり)

…こちらもターゲット層向けに書こうと意識しておくだけで、表現方法が変わってきます。(No.752あたり)

 

 

……………うーむ、ムズい。本の中に書いてある具体例の中から、一番近いものを選ぶことにしよう。

 

 例えば「銀座に勤務していてランチの場所を探している会社員」や「勤務時間外でいかに自分の時間を上手に作り出すか悩んでいる会社員」、「新しい技術の実装をしたいと考えているプログラマー」、「沖縄旅行を予定していておススメの観光スポットを探している夫婦」、「アクセスアップの方法を探しているブロガー」、「アフィリエイトで稼いで会社を辞めたいと思っている人」等々…(No.747~752あたり)

 

この中だったら、僕はアフィリエイトで稼いで会社を辞めたいと思っている人」が一番近い。てかまず自分自身がそうだし。うん、そうなると、ターゲットに何を与えられるのか僕は。…何もないじゃないかorz 実績まだないし。

 

アフィリエイトで実績出すまでは、他のターゲットにしよう。あっそうだ、「会社勤めがイヤで、周りに仲間がいない人」にしよう。組織の中で、組織を動かす1コの歯車として働くのは、最低限食べてけるくらいのお金はもらえるし、福利厚生も充実してたりしていいんだけども。

 

年金、健康保険の支払い、確定申告も自分でしなくていいし。著者の染谷さんは、会社を退職してから、

 

職業安定所で失業手当の手続き、市役所で健康保険や年金の切り替え手続きを行いました。…こういった手続きは本当に面倒なものです。つくづく、会社員というのは、仕事だけしていればいい身分だったのだなぁと思わされました。(No.345あたり)

 

と書いています。仕事だけしていればいい身分って、奴隷やないか。僕にはそう思えて仕方ない。同じように思っている人に、ここにもいますよー、一人じゃないですよーというメッセージなら送れる。それが今僕にできそうなことだなー。

 

どのような表現手法であなたのメッセージを分かりやすく伝えるのか

 

f:id:kotoba2kai:20170528030206j:plain

 

文章を書くのが得意な人は文章でメッセージを伝えれば良いですが、苦手な人は文章にこだわる必要もありません。写真やプレゼンテーションツールを活用したり、動画を活用したりすればいいのです。自分の出来ることと読み手の立場を想像し、相手に自分の言いたいことを伝えるにはどのやり方が最適なのかを考えておくと、読者に優しいブログができあがります。(No.752~757あたり) 

 

なるほどなるほど。僕は文章かな。でもちょいちょい写真とか動画は使いたいな。その方がわかりやすいしおもしろい。他の人のブログ見てて、文章みっちりのページよりも、写真やイラストが入っているページの方が見る気するし。読者に優しいブログを目指そう。

 

おわりに

 

はい、染谷昌利さんのブログ飯に書いてあった、ブログの初期設計をやってみました。これで「飯が食えるブログ」に一歩でも近づけたかなあ。

 

僕のを見て、やってみようと思ってくれた人がいたら嬉しいな。そんでその人のブログが「飯を食えるブログ」になったら、サイコーやん。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!ではまた!