自分の強み診断 グッドポイント診断(無料)とストレングス・ファインダー(有料)の違いについて

 

f:id:kotoba2kai:20170619021957j:plain

進撃の巨人(2)より

 

他のブロガーさんの“やってみた記事”に触発され、どちらもやってみた。個人的には、有料のストレングス・ファインダーの方が今の自分には役に立ちそうだと感じた。

 

そもそも、この2つの診断は診断にかかる時間とか、診断結果とかは似てるんだけど、全然目的が違うことに気付いた。その辺を書いておいて、これからやってみようという方に参考にしてもらえたらと思います。

 

 

グッドポイント診断

 

これはリクルートさんが提供している無料の強み診断。18種類の中から5つの強みを診断してくれる。100以上の質問に答えるので、結構時間かかる。ボクは20分くらいかかった。

 

ボクの診断結果は、悠然、柔軟性、現実思考、独創性、親密性。

 

それぞれの強みについて説明文がついていて、あー当たってるな、と思うのもあれば、ん?これはちょっと当てはまらない…という所もあった。

 

当たりとハズレがあった強み

 

例えば 「悠然」

 

あなたは常にゆったりと構え、じっくりと考えたり取り組んだりすることができます。

 

うむ、当たってる!

 

長い目でものごとをとらえ、あせらず気長に進めることが得意であり、目先の小さなことに気を取られて考えが変わるようなことはありません。

 

うーん。いやあせるよ。目先の小さなことに気を取られて考えが変わってしまうこともあるよ。

 

こんな風に当たりとハズレが混じっていたのが柔軟性、現実思考。ちょっと見てみて。

 

「柔軟性」

 

突発的な出来事に対して臨機応変に対応することも可能です。

 

ちょっとそれはわからないです。自信ないです(´`)

 

何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。

 

ここは当たってる気がする。

 

「現実思考」

 

成果のみでなく、そこにいたるまでの努力の過程も大切にしています。……あなたにとって重要なのは、「今この時」であり、「現実」なのです。

 

うんうん、そうだと思う。過程って大事だよ。今日の晩御飯にからあげを食べたのは、無性に食べたかったからなのか、冷凍食品の余りがあったから仕方なく食べたのか。全然違うじゃん。

あと、「今この時」が重要、だと思っている。ただなぜそうなのか、まだよくわかっていない。

 

周りからは「地に足がついている」と表現され、その堅実性・実現可能性を評価されることが多いでしょう。

 

これはハズれている。考えてることはよくファンタジーになる。地に足がつかなくなる。

 

 

でもでも、残り2つの強みは当てはまることしかなかった。

 

「独創性」

 

「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

 

うん!…うん!

 

「親密性」

 

あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。

 

そう!そうなんだよ!深い信頼関係が欲しい。

 

 

…で?

 

この診断を踏まえて、ボクはどうしたらいいんだろう。

 

グッドポイント診断の目的

 

「さあ、缶ヶ江メグルさん、転職活動がんばりましょうね!」

 

いやだっ!

 

そう、この診断はこれから転職活動をする人が、望む企業にアピールするために使うツールなのだ。ただ診断をしたいがために、リクナビNEXTに会員登録したけど、これは転職サイトだったんだ。ボクは転職活動するつもりはない。なのになんでやったんだろう。これ結論。転職活動しないならやらなくていいよ。やっても「ふーん」で終わるよ。

 

純粋に自分の強みを知りたかったのに…そういう方にはストレングス・ファインダーがよい。

 

ストレングス・ファインダー

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 

2017年6月18日現在、最新版は「ストレングス・ファインダー2.0」となっている。本を買うと、巻末にウェブテストを受けるためのアクセスコードが付いている。これがないとウェブテスト、診断を受けられない。だから新品を買ってね。中古だと使用済みのやつかもよ(アクセスコードは1回しか使えないよ)。

 

気になるお値段は、2000円くらい。うん、ボクは損した感じはしなかった。グッドポイント診断よりも、より「当たってる!!」と感じたし、診断される5つの強みに、順位付けがされている。つまり1位の強みがあなたの1番特徴的な強みなのだ。すごくわかりやすい。

 

どのくらい時間かかるのって言ったら、30分くらいです。ボクはそのくらいでした。テストの前に名前とか性別とか住所とか入力するんだけど、性別のとこで

 

男 女 回答を控える

 

みたいな3つ目の選択肢があった。ボクは、まあ立派なアレがちゃんとついてるし、男にしたんだけど。今思い返すと、果たしてアレが付いているからと言って“男”と断定していいものだろうか…と思い直す。外見的なことじゃなく、内面的な性別を訊いていたのか…? ボクはどっちなんだろう。女性的な部分もあるしなぁ。今となっては考えてもしょうがないことだね、先に行きましょう。

 

はい、ボクの診断結果、こうでした

 

  1. 内省
  2. 最上志向
  3. 公平性
  4. 適応性
  5. 運命思考

 

全部説明を読んでみての感想は、1 が自分そのもの!、2~5はお互い矛盾してる部分もあったりして、一部自分に当てはまるな、という感じ。自己紹介記事書くときに使えそうだな。今から自己紹介行ってみようか。

 

1 にビツクリ

 

もう、当てはまるところが多すぎる…!当てはまったと感じたのを箇条書きスタイルで並べてみる。

 

「内省」

 

・あなたは考えることが好きです。

・あなたはひとりの時間を楽しむ類の人です

・ある意味であなたは自分自身の最良の伴侶です

・あなたは自分自身にいろいろな質問を投げかけ、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します

・美食家(食い道楽の人)が美味しい食事を平らげる時と同じような情熱で、活字をむさぼるようにして読み、その意味を吸収するかもしれません

・あなたは本能的に、1週間に最低5時間は一人になって考える時間として決めます

・家族、友人、同僚、チームメンバー、クラスメイトなどと過ごす時間が少ないという事実を受け入れています

・強みによって、あなたは、一人で読書する時間を持ちたいと思うことがよくあります

・おそらくあなたは、奇抜な概念や独自の理論について読むと、興奮することがあります

 

 

むむう、読まれている…!

 

f:id:kotoba2kai:20170619023157j:plain

進撃の巨人(14)より

 

名前も缶ヶ江メグル(考えめぐる)にするくらいだしね、考えること好き。この診断結果を見るまで、ボクは「そりゃ人間みんな何か考えながら生きてんだから、みんな考えるのは好きでしょ」か「考えるの好きとかボクかなり珍しい人間なんじゃ」と思ってた。強みの1つとしてあるなんて、嬉しい!!

 

あと、なんで美食家をカッコ付きで 食い道楽の人 って補足してんだろう(笑) わかるよそれくらい。

 

とか、おそらくあなたは、って探偵みたいな言い方して。怖いな、当たってるよ。

 

 

でねでね、ごめんね「内省」まだ続くのかよとか思ってるでしょごめんね続く←

アドバイスも書いてくれてんの。

 

・あなたがドアを閉めてひとりの時間を過ごしていると、他の人たちはあなたとのあいだに距離を感じ、よそよそしく思うかもしれません。これは単にあなたが考える時のスタイルであり、人間関係を軽視しているからではなく、相手との関係に最善をもたらしたいからそうしているのだ、と説明してください

・考える時間をスケジュールに入れましょう。それがあなたをいきいきとさせます。こうした機会には、考えることに没頭しましょう

・書くための時間をつくりましょう。書くことはあなたにとって、考えをまとめて具体化する最善の方法かもしれません。

  

わーかってるーう!\(^▽^)/ あなたは一体何者なのですか!?

この診断する前は、結果次第ではブログやめることになるかな、なんて心配もしていた。心配いらなかったわ。書いていいんだ。考えていいんだ。嬉しいぃ(ノ_-。)

 

それでね、あ、これ「内省」最後だから!最後にこれだけ!「内省」が高い人との働き方っていうのもある。みなさんわたしをこんな風に使って下さい。

 

・躊躇せず、この人の考えに挑みましょう。この人がそれを脅威として受け止めることはありません。逆に、あなたが自分に関心を持っている証拠として受けとるでしょう

・評価すべき本や記事、企画書などがあったらこの人に読んでもらい、考えを聞くとよいでしょう。この人は読むことが大好きです

・考えることはこの人の元気の源です。このことを活用しましょう。たとえば、なぜこれをやらなければならないのか皆に説明する必要があればこの人にも考えてもらい、説明の細部にいたるまで詰めるのを助けてもらいましょう

 

 

以上です!次、残りの強みいきます。

 

2~5は、1を土台に伸ばしてきた強みって感じ

 

2「最上志向」は、既に平均以上の強みを、最高水準まで高めようとすることらしい。逆に、平均以下の強みを平均水準まで高めることには興味がない。弱点はほっとけ、いいところをもっともっと伸ばせ!的な。

 

これまで読んできた自己啓発本で、その考え方が身についてきてるのかな。かな?

 

3「公平性」はあらゆる人を平等に扱う必要性を確信していることらしい。残りちょとまとめていっていいか。

4「適応性」は今この瞬間を最も大事だと考えること。予定通りいかなくてもそれはそれで対処していく。

5「運命思考」はあらゆる出来事、人、物事は互いに結びついており、そこには何らかの理由があると確信していること。

 

3、4はあの本の影響だ、と思い浮かぶ。永松茂久著『斎藤一人の道は開けるだ。

 

 

斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)

斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)

 

  

うわー今読み返すと忘れている大事なことがいっぱいある(・・;)

えーと説明をしますと、「公平性」は、ボク自身が他人に対して平等に接する、というルールを守っています。

他の人とか組織とか国がどれだけ人を不平等に扱おうともそこは干渉せず、とにかく自分は誰に対しても平等に接しよう、そんな感じ。ひとりさんは本の中でこう言っている。

 

「1つは笑顔。2つ目が、うなずきだな。3つ目が、ハッピーな言葉『ツイてる、うれしい、楽しい』という天国言葉。この3つさえあれば、大丈夫なんだよ」(『斎藤一人の道は開ける』26ページ)

 

誰に対しても、この姿勢。うまくいかないときも多いけど、めげずにこの姿勢。これがボクの学んだ「公平性」

 

次の「適応性」はグッドポイント診断でもあったね、「現実思考」で。「今」を大事にする。ひとりさんはこう言う。

 

「いま、ここでできる、当たり前のことをやっていくだけでいいんだよ」(114ページ)

「本当におまえに必要なのは冒険じゃなくて、いま働いている会社で、一個上になることなんだ。いいかい、一個上を目指せばいいんだよ」(121ページ)

 

これだけじゃ伝わんない気がするけど、「いま」できる事に集中するってことを、ボク学びました。

 

はい、最後「運命思考」。この強みの説明に、こう書いてある。

 

私たちは何かもっと大きな存在の一部なのです。……であるなら、人は他人を傷つけてはいけないのです。何故なら、自らを傷つけることになるからです。人から搾取してはいけません。なぜなら、結局、自分自身に返ってくることになるからです。

 

自分の行いが自分に返ってくるという考え方。これは斉藤一人著「絶対、よくなる!」で書いてあります。 

絶対、よくなる!

絶対、よくなる!

 

  

良いことすれば、あとになって自分にいいことが起こる。悪いことをすれば、あとになって自分に悪いことが起こる。シンプルでわかりやすくて好きです。

 

よし、全部終わった。さあ、ボクはこの診断を踏まえて、どうしたらいいのだ。

 

ストレングス・ファインダーの目的

 

自分の才能に気付き、それを強み(常に完璧に近い成果を生み出す能力)にまで高めよう。そゆことですよね。

 

ボクにとっては今回の診断は、既になんとなく知っている自分の強みの種を再確認する作業だった。できて良かった、元気が出てきたよ。明日も読んで考えて書こう。

 

でも、多くの人は自分の才能に気付いてもいないかもしれない。それをわかりやすく書いてくれているところがあるよ。

 

作家のマーク・トウェインは、死後、天国の門で聖ペトロと出会った男の話を書いている。男は生涯抱いていた疑問を賢人として知られる聖ペテロにぶつけた。

「聖ペテロ、私はずっと軍の歴史に関心がありました。誰が史上最高の将軍ですか」

聖ペテロはすぐに答えた。「簡単だ。あそこにいる男だよ」

「何かの間違いでしょう」。男は当惑した。

「彼とは地上で知り合いでしたが、ただの労働者でしたよ」

「友よ、そのとおりだ」。聖ペテロは答えた。

「彼は史上最高の将軍だった。もし彼が将軍になっていたらね」

 

 これは残念ながらよくある話だ。あまりにも多くの人が間違った方向に向かうことに人生を費やしている。ゆりかごから職場を経由して墓場まで、すばらしい才能と可能性に気づくことなく進んでいく。

 だから、できるかぎり早く自分の才能を見つけてそれを伸ばし、さらにはまわりの人たちが才能を伸ばすのを助けることがとても重要なのだ。

(『ストレングス・ファインダー2.029~30ページ)

 

 

長くてすみません。でもつまりそういうことです。ボクはとりあえずこの本とウェブテストをフクちゃんにすすめる。

 

おわりに。この診断をボクに教えてくれたブロガーさんに感謝を述べる

 

グッドポイント診断は、ヒトデさんの記事を読んで知りました。

 

www.hitode-festival.com

 

ストレングス・ファインダーは、あんちゃさんの記事で初めて知りました。

 

www.mazimazi-party.com

 

で、あんちゃさんのブログを知るきっかけになったのが、ちぃさんの記事。

 

www.hapitatsu.com

 

それでそれで、ヒトデさんの記事も読みました。

 

www.hitode-festival.com

 

ヒトデさん、あんちゃさん、ちぃさん、ありがとうございます。この記事はここで締めまーす。最後まで読んでくださってありがとござます。