やさしい人の素因数分解

f:id:kotoba2kai:20171203011347j:plain

この人、やさしいなと感じる時、やさしい行動を取った人の中にはどんな意図、感情があるのか。そのやさしい行動の素(もと)となる因数(要素?)を1つ1つに分解する試みをする。

 

前提は「自分のため」。これです。他人のためじゃないです。やさしくするのは他人だけど、その結果自分にいいことが起こるのを期待している。人は誰しも自分のためになることしかしない、僕はそう信じている。

 

では、やさしくするとどんないいことがあるのか。他人から攻撃される可能性を減らせる。これです。やさしい人はビビりだ。攻撃されたら、物理的でも精神的でも、傷つく。それが嫌だから先手を打つ。具体的には「攻撃しないでくださーい。ボク、あなたに敵意ありませんのでー」というアピールをしなければならない。それがやさしさという形で現れる。

 

誰に言われずともゴミ捨てとかの雑用を率先してやる、話しかけられたら何か一回は必ず返しのしゃべりをする(無視しない、テキトーに流さない)、滅多に怒らない、ドア閉める時とか物を机に置く時とかに大きな物音を立てない、同期や後輩に対しても です、ます調で話す、からかわれたら冗談としか受け取らない(笑い飛ばす)、でも本当に我慢ならない からかい や 扱い を受けた時はブチ切れる…。

自分が今思いつくのはこのくらいだ。このくらいしたら、周りの人はあなたをやさしい人だと見るようになる。

 

 

…もっと素因数はあるはずだが、今僕にわかるのはここまでだ。

 

やさしい人=利己心×ビビり